LOVE44 現代劇 VS 時代劇 韓国ドラマ年末の真剣勝負
            総合エンターテインメントショッピングモール



【TopPage】 ☆このブログに掲載している文章ならび画像・動画・記事等の全ての著作権は出処サイトに帰属します。

アーノルドバッシーニ
FaceShop


をポチッとしてね。管理人の励みになります(^^ゞ



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°

【翻訳文】韓国公式

海外サイト↓のPhoto,Vod,Flash,Gif検索は
CafeDaum byjfan 翻訳→自由掲示板(Freeboard)へ
CafeDaum byjgallery 翻訳→自由掲示板(Freeboard)へ

☆Quilt   ☆真愛勇俊   ☆www.hermesyongjun.com      
☆innolife.net       HOMEに戻る☆

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告   コメント(-)   Edit

現代劇 VS 時代劇 韓国ドラマ年末の真剣勝負 

現代劇 VS 時代劇 韓国ドラマ年末の真剣勝負11月20日16時8分配信 WoW!Korea


韓国・テレビ局3社で予想される演技大賞
 上半期 『私の男の女』など女性中心の現代劇
 下半期 『大祚栄(テジョヨン)』など、男性を全面に押し出した時代劇天下

2007年も残り2か月を切った。テレビ界もすでに1年を締めくくる“演技大賞”の準備で忙しい。まだ2007年は1か月以上残っているが、すでに作品賞と演技賞の候補に挙がっているドラマの範囲が狭まっている状態だ。

年末まで新しいドラマの放送計画がほとんどない状況ということから、現在放送中の、そして放送が終了した作品たちを対象に年末の授賞式を予想することが可能だ。
今年テレビ局3社で“演技大賞”を競って繰り広げられる、3色対決を探ってみた。

●時代劇VS現代劇
今年のテレビ界は時代劇の勢いがすごかった。下半期にはテレビ局3社が大作時代劇を放送し、“時代劇大戦”を彷彿とさせた。現在もMBC『太王四神記』『イサン-正祖大王』、KBS『大祚栄(テジョヨン)』、SBS『王と私』が、全国視聴率5位圏内に入り、時代劇の全盛期を迎えている。

『太王四神記』の作品紹介とあらすじ

一角では、年末の授賞式を時代劇が独占するのではないかという慎重な推測も出ている。しかし、時代劇熱風は最近の気流であるだけで、現代劇の勢いも変わらないという意見も少なくない。

MBCでは『太王四神記』『イサン-正祖大王』と『コーヒープリンス1号店』の対決が見込まれる。『太王四神記』『イサン-正祖大王』は現在、月~木曜のMBC視聴率を一身に背負っている。特に『イサン-正祖大王』は、来年まで放送が続き、視聴者たちにより強くアピールできる状況だ。『コーヒープリンス1号店』の底力も侮れない。


『コーヒープリンス1号店』は女優ユン・ウネとコン・ユを押し出し、下半期最高のトレンディドラマとして浮上した。その後、実際に“コーヒープリンス1号店”がオープンするなど、波及効果も大きかった。ウェルメイド作品である『白い巨塔』と『ありがとうございます』も立ちはだかっている。

KBSは『大祚栄』と『空ほどに大地ほどに』の対決が予想される。『大祚栄』は30%台の高視聴率を記録し、人気放送中だ。年末の授賞式の常連である俳優チェ・スジョンが、主人公であることも大きな力だ。『大祚栄』が週末を任されたとしたら『空ほどに大地ほどに』は平日のKBSを守った。

主婦視聴者のハートをつかみ、40%近い視聴率を記録した。『大祚栄』と共にKBSの週末を死守した『幸せな女』の底力も外せない。

SBSは『王と私』が、『私の男の女』『銭の戦争』を相手にする。『王と私』はキム・ジェヒョンPDのパワーが込められている作品だ。“内侍”という新しい素材を掲げ、人気を博すのに成功し、現在SBS全体視聴率1位をキープしている。
『私の男の女』や『銭の戦争』は、4月から7月まで“SBS全盛期”を切り開いた作品。作品性と同時に、主演俳優たちの好演が連日話題を呼び集めた。

●男性VS女性
作品賞が時代劇と現代劇の対決だとしたら、演技賞は男性と女性の“性対決”が有力だ。時代劇が作品の特性上、男性俳優の比重が大きい反面、2007年の現代劇では、何よりも女優たちが勢いを見せた。

MBCの場合、『太王四神記』のペ・ヨンジュン、『イサン-正祖大王』のイ・ソジンが有力な受賞候補者だ。『イサン-正祖大王』と『思いっきりハイキック』で相反した演技を見せた俳優イ・スンジェも外せない。KBS『大祚栄』ではチェ・スジョンとイ・ドクファがベテランの演技力を見せつけ、“時代劇不敗”神話をリードした。

SBS『王と私』のオ・マンソクとチョン・グァンリョルもまた、スキのない演技を披露し演技大賞候補に名前を連ねている。非時代劇分野ではMBC『白い巨塔』とSBS『銭の戦争』でそれぞれ抜群の演技力を見せた俳優キム・ミョンミンとパク・シニャンが演技大賞を狙っている。

現代劇では女性が強かった。タイトルから“女”を表わしたケースも多かった。MBC『悪い女 賢い女』のチェ・ジンシル、KBS『幸せな女』のユン・ジョンヒ、SBS『私の男の女』のキム・ヒエ、ペ・ジョンオクが、“女性シンドローム”を呼び起こした張本人たちだ。

これに“男装女”として人気を博したMBC『コーヒープリンス1号店』のユン・ウネと、『ヒット』のコ・ヒョンジョン、KBS『空ほどに大地ほどに』のハン・ヒョジュ、SBS『銭の戦争』のパク・チニなどが候補に挙がっている。時代劇では『イサン-正祖大王』のハン・ジミン、『王と私』のク・ヘソンなどが安定した演技力を披露している。

●姿を見せるVS姿を見せない
年末の授賞式で、主要俳優たちの姿が見られるかにも関心が集まっている。

そのトップには俳優ペ・ヨンジュンがいる。MBC『太王四神記』が最高の話題作として脚光を浴びている状況にも関わらず、作品以外でペ・ヨンジュンの姿を見ることは難しい。自然と視聴者たちの関心も、ペ・ヨンジュンの出席可否に注がれている。MBCドラマ局は「ペ・ヨンジュンの出席のために総力をあげたい」という立場だ。

ペ・ヨンジュン側の関係者は「まだ授賞式と関連した話を聞いていない。候補の発表もされていない状況で立場を明かすには早い。決まったら出席の可否を明かしたい」と伝えた。


KBS『大祚栄』のチェ・スジョンの出席可否も関心事だ。チェ・スジョンは学歴詐称スキャンダルを経た後、対外活動を最小化している状況。チェ・スジョンは公式の場に欠席しないことで有名な芸能人だが、年末のあらゆる関心が集まる授賞式参加に、負担を感じるものと思われる。

SBS『銭の戦争』のパク・シニャンもメディアへの露出を好まないことで有名だ。『銭の戦争』が連日話題になっていた時期にも、作品以外の活動を最小化し慎重な姿勢を見せた。SBS『ロビイスト』のソン・イルグクもまた、作品が期待よりも低調な成績を収めている状況で授賞式に出席するかどうか、その動向が注目されている。
Copyrights(C)sports donga & etimes Syndicate & wowkorea.jp
☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°

【翻訳文】韓国公式

海外サイト↓のPhoto,Vod,Flash,Gif検索は
CafeDaum byjfan 翻訳→自由掲示板(Freeboard)へ
CafeDaum byjgallery 翻訳→自由掲示板(Freeboard)へ

☆Quilt   ☆真愛勇俊   ☆www.hermesyongjun.com      
☆innolife.net       HOMEに戻る☆

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°
[ 2007/11/20 16:41 ] 韓国のニュースから(2007/11)   コメント(-)   Edit


















copyright © 2006 LOVE44 all rights reserved.

FC2Ad

    Benri-navi by myhurt  Template by FC2ブログのテンプレート工房

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。