LOVE44 【韓国家族^^】 マガジンT 姜明税さんがヨングズンニムに対して言及した言言言.^^
            総合エンターテインメントショッピングモール



【TopPage】 ☆このブログに掲載している文章ならび画像・動画・記事等の全ての著作権は出処サイトに帰属します。

アーノルドバッシーニ
FaceShop


をポチッとしてね。管理人の励みになります(^^ゞ



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°

【翻訳文】韓国公式

海外サイト↓のPhoto,Vod,Flash,Gif検索は
CafeDaum byjfan 翻訳→自由掲示板(Freeboard)へ
CafeDaum byjgallery 翻訳→自由掲示板(Freeboard)へ

☆Quilt   ☆真愛勇俊   ☆www.hermesyongjun.com      
☆innolife.net       HOMEに戻る☆

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告   コメント(-)   Edit

【韓国家族^^】 マガジンT 姜明税さんがヨングズンニムに対して言及した言言言.^^  

韓国公式 #44452 マガジンT 姜明税さんがヨングズンニムに対して言及した言言言.^^
MYYJさま Thanks!(⌒ ⌒)(_ _) 0:22:39

個人的に好きな大衆文化評論家なのに姜明税さんが書くあらゆる文たちが好きです.

正確な洞察力と文を書く時対象に対して愛情を持って書くから批判の文でもこちらが使えば収容が可能するほど..^^

姜明税さんがその日その日記事がナヌンゴッに1行ずつ実力のなくコメントするのがあるのにヨングズンニム記事に対するコメントもあるのにコピしました.(遠出先はマガジンT-http://www.magazinet.co.kr/ -ジーマン私はベゲルとこちらあちらで集めたら)

個人的に姜明税さんが必ず一度ヨングズンニムをインタビューしてくれた良いです.多分姜明税さんはしたいようなのにですね..^^

どうであれモアオングル張り付けして見ますよ~~^^


-----------------------------------------------
1.

世の中は三種類で分けられます.~~~~~~~



Anycallは TALK - PLAY - LOVE.


東方神起は (ファンが愛する) 歌手 - (ファンが **する) 社長 - (ファンの功績) コーディネーション


メジャーリーグはヤンキース - レッドサクス - 彼らのアンチたち


ステーキはよく焼いたこと - 焼く事ができなかったこと - 食べる事ができないこと


インターネットは (少しの) アックプル (少しの) - ソンプル (大多数の) - 'Tell me' UCC


イ・ミョンバクは * - ** - * (選挙法違反で自体削除)


太王四神記はペ・ヨンジュンの美貌 - CG - マルテドル


姜明税は日 - 日 - 日 (.....)


[ウハ~明税さんも私たちのヨングズンニムの美貌を認めますね..ハハハハ]

-----------------------------------------------

2.

イジア, 一インタビューで “<太王四神記>を撮影しながら雨の中で刀を振り回している途中相手の刀を当たって倒れてからもまた立ち上がる場面があった.
喜悦を感じた. ‘生まれつきのアクション学ぶね’と言う気がした. 現場でニックネームも ‘アクション俳優’だった”と言う.

(上の記事に対する姜明税のコメント)
ペ・ヨンジュンとともにする 400億のブロックバスターなら人間兵器になっても良いかも. ^^;


[人間兵器...私も人間兵器でもなることができます.ヨングズンニムとともになら..]

---------------------------------------------


3.

ペ・ヨンジュン, テアン原油流出社で復旧のために 3億 2千万ウォンの寄付寄託.
ペ・ヨンジュンは今度誠金を 1万名が使うことができる部屋真福,
顔面部濾過式マスクなど防除用個人装備を購入する基金で寄託した.
ペ・ヨンジュンは “一歩遅れて事故消息を接してたくさん驚いたが,
できる仕事が多くなくて切ない.”と明らかにした.


(上の記事に対する姜明税のコメント)
君が王です. (みんな少しずつでも手伝いましょう)

[本当に名言ではないですか?君が王です...b]

-----------------------------------


4. これは姜明税さんが書いた太王四神記レビューなのに,一度読んで見てください.公式にももう上って来ているかも知れないです.


<太王四神記> 総仕舞ソン・チナの野心, 金鐘学のくそ力, ペ・ヨンジュンのボングハブスル


四つの信物を集めればジュシンの王になるでしょう. MBC <太王四神記>はこの1行のシノプシスで始まった. しかし青竜, 百虎, 玄武, 朱雀の信物はすなわち妻で(李フィリップ), 株無恥(朴聖雄), ヒョンゴ(オグァンロック), 収支だから(イジア)と幾何(門の音)に与えられて, これらは用兵集団から百済のグァンミソングに至る多くの勢力たちの首長だ. <太王四神記>で信物と信物の主人を得るということはファンタジー的な力を持ったキャラクターと彼らが現実政治で発揮することができる力を同時に得るということのようだ. ダムドックがチォロを自分の旗下に残すことはただ信物を所有するのではなく “グァンミソングを持つ” のだ. 信物が個人の ‘レベルアップ’を助けることを超えて政治的な影響力を象徴すること. そのため <太王四神記>はファンタジーと現実政治が平気に混在する. ヨンがリョ(パク・サンウォン)が豪族たちを先導してダムドックに自決を強要することは現実政治の領域だが, 歴史に決定的な要素と作用することはダムドックが仮住まい里かけるに突かれてからも生き残るファンタジーだ.

3年の時間と 400億の製作コストでも不足だった <太王四神記>の巨大な帝国はこの地点で始まる. ダムドックが自分の新的な力でチォロを治療することはファンタジーだ. しかしこの神話はダムドックの英雄的な行動をほめたたえる語り手の口を通じて伝達しながら現実の民心を取る. 仏事の身を持った英雄のアクションと支持勢力の糾合で民心取りに至る現実政治が共存する. <太王四神記>の初回で, ヒョンゴはスジニに桓雄の伝説を話す一方, ダムドックは士官(史官)に歴史を記録することを命ずる. 神話を書いたイヤギチェックと歴史書の合本. <太王四神記>は語り手が作り出すファンタジーを士官の真摯な視線で扱いながら完璧な ‘ドラマ’ではない完璧な ‘世界’を創造しようと思った.

ソン・チナ作家の <太王四神記>

ダムドックの小さい頃を通じて落ち着いて解いて行ったキャラクターはむしろ成長しながら説得力を失うようになった.


政治ドラマの楽しさと生死さえ超越するファンタジーの快感が会って以前にはなかった新しい世界の歴史を作ることは <太王四神記>の巨大な野心だ. それは著者通りで民を慰める語り手ながら士官の席まで兼ねようとするソン・チナ作家の野心でもある. ファンタジーの形振りをとり除けば, <太王四神記>は MBC <黎明の瞳>と SBS <砂時計>につながる金鐘学-松脂やコンビの大河歴史ドラマのジュシン帝国バージョンだ. 混乱する韓国現代史は王の席を置いて高句麗で内紛が起きる酸っぱいことに, 時代の荒波に巻き込まれた二人の男と一女は時代を導いて行く二人の男と二人の女に変わった. ヨンがリョの政治的術数に巻き込まれて逃げて, その過程で幾何と愛を花を咲かせるダムドックの姿は <砂時計>の太守(チェ・ミンス)と <黎明の瞳>の対置(チェ・ジェソン)の姿と似たり寄ったりだ. 前作たちと類似の構図中で, ソン・チナ作家は <黎明の瞳>と <砂時計>のように時代の巨視的な領域と微視的な領域を同時に見せてくれようと思う. <砂時計>で太守と隅石(パク・サンウォン)の友情は個人的なのだ. しかし時代の力は彼らを組織暴力団と検事に別れるようにしながら時代の政治的な要素が個人のドラマと結合した. <太王四神記>もダムドックとヨンがリョ勢力の間の政治けんかが話を連れて行くが, その間には株無恥とダルビ(新恩情)みたいな助演たちのラブストーリーやヒョンゴとスジニのコメディー, 甚だしくは名前いない兵士らの無駄話さえ登場する.

メールへの感性とアクションの快感が政治ドラマのスケールと結合して現実よりもっと現実的で具体的な話を作り上げること. ソン・チナ作家の描いたダムドックは野望代わりに人に対する愛で高句麗を制覇するものの, 実際ソン・チナ作家の野心は華川回大将路のそれよりもっと大きく見える. しかしこの野心は 24部作ミニシリーズでは成すことができないファンタジーだ. 現実の歴史によらない <太王四神記>は時代的な背景とキャラクターそれぞれの話を皆創造しなければならない. もし <太王四神記>がダムドックの幼い時代さえ描いたらそれはできたかも知れない. ソン・チナ作家はダムドックの幼い時代の間争わないという王になるダムドックのキャラクターをきちんきちんと説明して, 幾何がダムドックを手伝ってくれる過程を通じて彼らの関係が発展する姿を具体的に見せてくれた. そこにホゲのお母さんが王を毒殺しようと思って, このためにむしろ自殺するようになる姿は時代的背景が個人事をねじる過程だ.

人間の話代わりにキャラクターにころがって行く世界

しかしダムドックが成長した瞬間から <太王四神記>の話の密度は急激に落ちる. すべてのキャラクターの個人事と時代的背景をぎっしりと連れて行くには 24部作は途方もない位に不足だ. <太王四神記>はダムドックが予言の王なのかを置いて起る政治的争うことだけでも半分が流れた. ダムドックとホゲは百済侵攻に必要な戦略と戦術, はなはだしくは軍隊の細かしい配置過程まで皆説明するために一番目対決が最後の対決に違いない状況になった. 代わり <太王四神記>は人間の具体的なエピソードを略する. ホゲとダムドック, 幾何とスジニは皆親の死を通じて運命が後先になる. 親と子という一番運命的な関係でキャラクターのすべての感情の根源を説明するわけだ. <太王四神記>の最大の葛藤要素であるフックズザックスジニの正体は虚しくもスジニがヒョンゴの対話を盗み聞きをすることと知られる. <太王四神記>の最大の対立がダムドックとホゲではないダムドックとヨンがリョ, あるいはダムドックと華川回大将路であることは当たり前の結果だ. ソン・チナ作家は二人の話を通じて今高句麗と周辺国家で開かれるすべての情勢と政治的な策略は勿論, ダムドックがどんなキャラクターなのかをせりふに説明する. ダムドックもヨンがリョが死ぬと高句麗最高の管理者を失ったと言うものの, 実際ヨンがリョの行政能力はどこにも描写されない.

人間の話代わりにダムドックが世界を支配する方法の描写に関心を傾けたソン・チナ作家は <太王四神記>は既存ドラマと違う方式でドラマを連れて行く. 四人の使臣が信物の性格と彼らの勢力を同時に説明するように, <太王四神記>のほとんどすべてのキャラクターは自分を代表する設定と勢力たちを持っている. フックゲ(長項線)が忠直で火のような性格の持ち主と同時にゾルノ-ブ足掌なら, 故友虫(薄情学)は忠誠で思慮深い近衛大将だ. すべてのキャラクターは外貌も, 性格も, 能力も, 勢力も違う. それはソン・チナ作家が細細しく描いた <太王四神記>の中の政治的情況たちと結合して人間の感情なしにただキャラクターの特徴だけでドラマが作られる独特の瞬間を作り出す. 株無恥と妻でが対決して, ダムドックと三人の名医信物の主人が集まって国内城をしのび込む時する活躍の姿はキャラクター間の対決と同時にそれぞれの勢力, あるいは種族ともできる人物たちが高句麗を横切って一所に集まったのだ. <太王四神記>はキャラクターに具体的なエピソードはなくてもキャラクターの魅力はすぐれて, キャラクターの魅力がむしろストーリーを理解させる変な瞬間を見せてくれる. 四梁(朴性民)がどうして幾何にそのように心をつくすのか, 妻でがどうしてスジニをそのように深み恋慕したかは納得しにくい. しかし彼らは <砂時計>の ‘ボディーガード’ ジェヒ(イ・ジョンジェ)を連想させる彼らのキャラクターによって, そして彼らと期するが手陳と結んでいる関係によってその切なさが説明される.

金鐘学監督の <太王四神記>

ところが, 金鐘学監督の演出はソン・チナ作家が追い求める高句麗と違う世界の高句麗を描く. ソン・チナ作家が時間が経つほど自分の話を現実で作ろうとする野心を育てたように, 金鐘学監督はいつも想像した絵を現実で作り出すスペクタクルを固守した. SBS <大望>のカルサウムで焦点を合わせるのは血が流れて死ぬ人々ではなくけんかの場所になる葦畑の全景だった. <太王四神記>はそんな映像を 400億を入れて, コンピューターグラフィックをでたらめに使いながら取ることができる機会だった. しかしソン・チナ作家はここで戦闘のスペクタクル代わりに争わないで勝利する王の話を通じて言葉で解く政治的策略の大切さを力説する. 金鐘学彼に合わせた演出代わりスペクタクルを押して行く. それは <太王四神記>でのべつ幕無しに馬に乗って通う場面が出る理由だ. 主人公が争わないで勝利しようと思ったら戦闘シーンはめったに出にくい. 代わりに金鐘学監督は馬に乗って移動するキャラクターの姿を長い間盛ることを通じてスペクタクルを補う. 彼らが言葉を駆って行く原野の熱い熱気とほこりついた顔, そして彼らが動く広闊な背景は視聴者の TV ブラウン管が大きくなるほどリアリティーを与える.

これは金鐘学監督のアップグレードされたくそ力だ. ソン・チナ作家は想像で作り出した世界観を説明する ‘言葉’たちで高句麗を説明するが, 金鐘学監督は世界観を説明する馬と言わない間に登場する映像たちでファンタジーの中の高句麗を現実で作り出す. フックゲが自分の息子の死を哀悼する時, 金鐘学監督はストーリーをもっと進行させる代わりに長項線の切々たる追悼辞をはじめから最後まで見せてくれながら悲壮美を加えて, ゴムルチォン弟子たちがホゲグンを向けて振り撤く挫きなさいという大型年間を通じて空で雪が降るように零れ落ちる. シナリオと別個で 400億製作コストが入って行った大作のスペクタクルを実現させようとする金鐘学監督のくそ力は <太王四神記>を一つに統合された作品だと言うよりは四つの信物のように楽しさのポイントが分けられた独特の作品で作る. 政治的な策略と戦闘の戦術戦略を長たらしい位に詳しく説明するソン・チナ作家のシナリオに必要なことはその策略の瞬間に緊張感を付与することができる映像だ.

言葉とスペクタクルの魅力的だがぎこちない組合
金鐘学監督が作り出すスペクタクルの世界はたびたびソン・チナ作家の野心と衝突する.


しかし金鐘学監督は一番政治的な話の行き来する私が会議でもめったにクローズアップを使わない. 代わりに金鐘学監督のカメラは念を入れて作ったセットの全景を, そして私が会議の石像にびっしり座っている豪族たちを見せてくれる. 誰かはひとりひとりがどんな勢力を代表するキャラクターがすべての政治的関係が説明される所でそれぞれの選択をしながら発生する緊張感に楽しさを感じることもできて, 誰かは彼に構わずに HD 16:9 画面をぎゅっと満たす映像のスペクタクルに圧倒されることもできる. <太王四神記>は ‘見る楽しさ’と ‘理解する楽しさ’が同時に具現されたが, それは二つの要素の結合ではなくても人の野心とくそ力が各自の道を歩きながら作り出した変な結果物だ. ソン・チナ作家が国内城でないが戦地の駐屯地中から言葉ですべて説明する高句麗の実際姿はその外で距離(通り)の語り手が話をするシーン一つに幾多の群衆を動員する金鐘学監督の映像で捜さなければならないし, 金鐘学監督の映像で空いている設定たちはソン・チナ作家の言葉で捜さなければならない.

ペ・ヨンジュンの <太王四神記>

ペ・ヨンジュン以外に <太王四神記>のダムドックで誰を思うことができるか?


ペ・ヨンジュンは二人がもたらしたこの混乱するがおもしろい世界を縫合する ‘ジュシンの王’だ. <太王四神記>でペ・ヨンジュンの役目は一般的な基準の演技力みたいなことと判断される性質の物ではない. <太王四神記>はペ・ヨンジュンという存在自らのアウラが前提される時可能だ. これは寒流という作品外的な要素のためではない. それぞれの勢力を代表してキャラクターの何種類特徴を代表する他のキャラクターと違い, ダムドックは政治的な勢力を代表するキャラクターからメールへの主人公と同時に悩む王の姿を一緒に見せてくれなければならない. しかしソン・チナ作家のシナリオはダムドックを ‘人間’で描かない. 彼は刀に突かれても死なない存在で, どんな状況でも民の命からいかそうとする完璧な人柄の人間だ.

もう日本で ‘司馬’になったペ・ヨンジュンの存在感は彼が人間と神さまの間にあるキャラクターになることを受け入れるようにする. 金鐘学監督のクローズアップが珍しく效果を発揮する地点も女よりもっと ‘きれいな’ ダムドックのそば船と彼の分かるように巻きそうなほほ笑みを見せてくれる時だ. <太王四神記>がペ・ヨンジュンに要求したのは人間的な熱演ではない. 彼が仮住まい里かけるに突かれる時無表情に近い姿を作ることはそのシーンだけでは判断ミスであるかも知れない. しかしどんな難関でも蛇みたいな知恵と ‘奇蹟’で突破するペ・ヨンジュンに必要なことは人間ながらも人間以上のように見える無表情で神秘な顔だ. 仮想のファンタジーで完璧な歴史を作ろうとする作家の野心ともっと大きくなった版で自分のスタイルをまともに見せてくれようとする監督のくそ力はペ・ヨンジュンという信物を通じてはらはらするように縫合される. そしてペ・ヨンジュンは <太王四神記>という大作を通じてロマンチックと柔らかい ‘神さま’になりながら <冬のソナタ> 以後自分の位相を連れて行くことができる動力を捜した.

何を想像してもその以上は見られない
そのため <太王四神記>はあまりにも変だ. どの部分では通り過ぎるようにディテールしたストーリーを見せてくれるシナリオはいざ重要な瞬間に不始末につながって, 映像は主人公が出ない平凡な距離(通り)のシーンで普通のドラマでは意慾も出すことができないスペクタクルを見せてくれる. 監督と作家の欲望は他の方法で実現して, ロールプレーイングゲームでも見そうなキャラクターが政治ドラマとファンタジーの世界をわがまま掻き乱す. <太王四神記>はスペクタクルとファンタジー, 高句麗とペ・ヨンジュンという興行に一番似合う要素たちを引っぱったけれども, それらを常識的ではない方法で交ぜた 400億の大作と同時に, 実験作で, グェザックだ. <リネージュ>のようなロールプレーイングゲームから盗作是非があった <風の国>とキャラクターデザインが一部似ていた映画 <指輪の帝王>に至るまで貼り付けることができる作品はいくらでも多いがそれらとはまた違って, それでも粗悪な混成模倣だと言うには映像でもキャラクターでも学んでもどの瞬間楽しさを感じることができる瞬間を提供する. <太王四神記>では何を想像してもその以上は見られない. 代わりに何を想像しても他のものを見られたはずだ. 監督と作家と俳優という三つの信物が願う韓国ブロックバスターの大帝国を完成する最後の信物は何だろう. まだそれはわからない. ただ, <太王四神記>が今まで私たちが分からなかった世界へ一足踏み出したことは明らかだ. それがジュシンなのか華川かはもっと行って見ろは分かるが


================================================
出処 : マガジン T. 著者 : 姜明税


[ペ・ヨンジュンという存在自体のアウラが前提される時太王四神記というドラマががヌングハダだなんて...本当におびただしい賛辞ではないんでしょうか?]

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°

【翻訳文】韓国公式

海外サイト↓のPhoto,Vod,Flash,Gif検索は
CafeDaum byjfan 翻訳→自由掲示板(Freeboard)へ
CafeDaum byjgallery 翻訳→自由掲示板(Freeboard)へ

☆Quilt   ☆真愛勇俊   ☆www.hermesyongjun.com      
☆innolife.net       HOMEに戻る☆

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°
[ 2007/12/13 11:09 ] 韓国のニュースから(2007/12)   コメント(-)   Edit


















copyright © 2006 LOVE44 all rights reserved.

FC2Ad

    Benri-navi by myhurt  Template by FC2ブログのテンプレート工房

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。