LOVE44 【記事】[日本現地レポート]?日本ファン, ペ・ヨンジュンを歌う ‘BYJコーラス’
            総合エンターテインメントショッピングモール



【TopPage】 ☆このブログに掲載している文章ならび画像・動画・記事等の全ての著作権は出処サイトに帰属します。

アーノルドバッシーニ
FaceShop


をポチッとしてね。管理人の励みになります(^^ゞ



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°

【翻訳文】韓国公式

海外サイト↓のPhoto,Vod,Flash,Gif検索は
CafeDaum byjfan 翻訳→自由掲示板(Freeboard)へ
CafeDaum byjgallery 翻訳→自由掲示板(Freeboard)へ

☆Quilt   ☆真愛勇俊   ☆www.hermesyongjun.com      
☆innolife.net       HOMEに戻る☆

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告   コメント(-)   Edit

【記事】[日本現地レポート]?日本ファン, ペ・ヨンジュンを歌う ‘BYJコーラス’  

レディー京郷 2007年 12月号

[日本現地レポート]?日本ファン, ペ・ヨンジュンを歌う ‘BYJコーラス’
“私たちの夢はただ一つ, ペ・ヨンジュンさんの前で歌を歌うこと”
去る 11月号記事に対する読者皆さんの ‘烈火のような声援に負って’(という表現はこういう時書きなさいとあるのですね) 寒流専門ライター理由陣記者の日本現地レポート 2弾を用意しました. 記事を読んで見たらこの間派手な来韓公演を終えたビヨンセより ‘BYJ コーラス’の歌が聞きたくなりますね. 単純にスターが好きで盲目的によるのではない, 自分の生が輝くように作って行く日本主婦たちの美しい熱情をうかがうことができる機会になったらと思います. (編集者注)









彼らの名前は ‘BYJ コーラス’. BYJ? ふっと某下着ブランドの名称と判断がつかなかったりする. BYJはペ・ヨンジュンのイニシャルから始まった弱者だ. 日本 40, 50代女性ファンに構成されたコーラス ‘BYJ’. 彼らはペ・ヨンジュンに係わる歌だけ歌う独特の特徴を持っている. 仮に親睦の集まりだと実力を見下げてはいけない. 大部分のメンバーが若い時代音楽や楽器を専攻した準プロ級で構成された. 定期的に発表会に参加してプロたちと肩を競うほどの実力派であることだ. 実力に切ない愛情まで滲んでいる彼らの歌…. どうしていや聞いて見られようか! ‘新宿区民ホール’で彼らの発表会が開かれるという消息を聞いてその所を尋ねた.

‘BYJ コーラス’ 発表会現場
去る 10月日本新宿句(区)で主催した音楽発表会があった. 新宿を中心に活動している 30余個音楽団体が出演する大きい規模の音楽会だった. 八番目で登場した BYJ コーラス. 場内には彼らを紹介する進行者のコメントが響いた.

“今度は韓国俳優ペ・ヨンジュンのファンに構成された独特のコーラス BYJの舞台です. 新宿音楽会は初出演だがペ・ヨンジュンを向けた愛のパワーで歌を歌います.”

客席では “ヨンサマ? ヨンサマ!” しながらざわめく女達の音が聞こえた. その所でも女性たちに一つのキーワードで落ち着いたペ・ヨンジュンを感じることができた. メンバーたちは順に舞台に上がり始めた. 白いブラウスに黒スカートを断定するように口は姿だ. 顔には緊張した姿がありありと見えたが生半可なアマチュアの緊張と見えなかった. 他のチームに立ち後れないという決意におかず姿だった. やがてマリンバの燦燗な音が響いて彼らは ‘冬のソナタ’の主題歌 ‘はじめから今まで’を韓国語と呼び始めた.

“私に来ることができないと今はそんなに出来ないと~ もうやめなさいと私をひめにらだ….”
プロと言っても劣らないハーモニーは二番目にして驚くべきなのは彼らの韓国語発音だった. 外国人のぎこちない発音の聞こえる部分は一箇所もなしに正確だった. それにみんな楽譜を持っていたりしたがその誰も見る人がいなかった. 全部覚えているようだ.

“むしろ日本語表記を見て呼ぶのがもっと大変です. 私たちは ‘冬のソナタ’の主題歌を百番(回), 千番(回)ももっと入ったんです. だから耳が自然に家事と発音を習ったのです. 思い出し次第に呼べばそれがそうです.”

客席で応援したコーラスメンバー中一人が仄めかしてくれる. それでも日本語にはない発音があるものと決まっているのに言葉だ. よく言う ‘マクドナルも(マクドナルド)’が訳もなく出た言葉か.

“あ! 迎えます. 特に ‘忘れようと労力しても’から ‘リョ’ 発音が一番難しかったです. いくら労力しても日本人は ‘料’路しか発音することができないから.”


1 音楽クラブ 30余チームが参加した ‘新宿音楽の集まり’ 舞台に立った BYJ コーラス. この日完璧なハーモニーをお目見えしてどんなチームより大きい拍手を浴びた. 2 創立から地図を引き受けているMiyagawa掻リコーさんは音楽の心理的上昇效果を説明して彼らは歌を歌ってペ・ヨンジュンに対する愛情を敦厚にすると言う.

コーラスメンバーの中で本格的に韓国語を勉強している人々もかなり多い数と言う. コーラスは二番目発表曲で MBC-TV ドラマ ‘ホテリアー’の ‘君私に来る日’を呼んだ. ペ・ヨンジュンが出演したドラマの中で 1位は断然 ‘冬のソナタ’. 2位に指折ることがところで ‘ホテリアー’だ.

“多分みんな ‘ホテリアー’ プール場面のペ・ヨンジュンを想像しながら呼ぶかも知れないでしょう(笑い). 主題歌を歌えばドラマの場面, 場面が自然に浮び上がるんですよ. それでは当時感じた感情が蘇ります. コーラスを始めながら日常生活でも感情が豊かになりました.”

最後に ‘エルが’の ‘愛のあいさつ’を呼んで無事に舞台を下った. 客席では女性観客たちの絶対的な歓呼の声と拍手が湧き起こった. コーラスメンバーたちも自分たちの歌に満足した姿だった.

とても特別な BYJ コーラス
3年前から彼らを教えて来たからも教師Miyagawa掻リコーさんに会った. 彼女は名門道号音楽大学(東邦音楽大学)を卒業して現在ピアノと歌講師に活動している. 個人教習生 25人とコーラスサークル 3チームを指導している. しかし BYJ コーラスだけは誰か企てたのではない. ファンによって自然にさせられた. ペ・ヨンジュンのドラマ挿入曲を学びたいファン 6人が今の指導先生に教習を頼んだ. それがコーラスの手始めだ. 以後口で口を通じてメンバーが一人二人増えながら現在 70人の正正堂堂としているコーラスの姿を取り揃えるようになった.

“人々の要請が来た時初めにたくさんためらいました. ベヨングズンシに対してよく分からなかったし私の専攻がクラシックなのにポップを教えることができるかも疑問でした. ところでちょうどうちのママとお姉さんがペ・ヨンジュンさん熱烈なファンでした. 3日間ママに説得されて教えることに決めたんです(笑い).”

クラシックだけ教えて来た彼女には新鮮な衝撃だった. 彼女はこの BYJという独特のテーマをいろいろなコーラスを自分ばかりのブランドに作って行けばかなり大丈夫なチームになると確信した.


一週間に一回ずつ集まって練習する BYJ コーラス. ペ・ヨンジュンの出演ドラマ主題歌や彼が好きな曲を選曲して練習する.

“コーラス皆さんには申し訳ないが初めて歌を聞いて見たらただ取るに過ぎなかったです(笑い). それにドラマ主題歌は大部分男歌手が歌いますね. 音程も整えなければならないしハングルになった家事をまともに表現しなければならなかったんです. また全体的に音楽の速度をコーラスのペースに合わせてまた編曲しなければならなかったです. あ! 今は本当に立派なコーラスです.”

彼らの楽譜をよく見た. 映画 ‘外出’の ‘The Road’, ドラマ ‘冬のソナタ’の ‘スミレ’, ‘My Memory’, ‘はじめから今まで’ ドラマ ‘私たちが本当に愛しただろうか’の主題曲そしてペ・ヨンジュンが個人的に好きな曲と知られた ‘あなたは愛されるために生まれた人’ などが積まれていた. 韓国人が見ても慣れない曲たちが大部分だ. 独特の点は歌だけではない. Miyagawaさんは彼らはそのほかのコーラスと確かに他の点があると言う.

“まず志向する目標が違います. 他のコーラスはただ 1位をするために練習します. しかし BYJは観客が自分たちの歌を, 心を聞き入れることに満足しますね. 本当に心が純粋です. そしてお互いに競争しないです.”

70人の人々が集まれば意見が分けられて実力の差で敗家変わるものと決まっている. しかし BYJではありえない事. たぶん一人のためな心が集められたからだでしょう. 一名, ペ・ヨンジュンを向けて大同団結!

“こちらたち見れば分かるが年齢に比べてとても若いでください. 多分ベヨングズンシが心強く背景であるからです. いくら若くても 40台重厚組で一番高年者が 75歳です.”

歌は口と呼ぶ. あれほど自分の感情表現をすることに大きい助けを借りることができるということが彼女の説明だ. 実際にレッスンをしながら主婦たちの表情が一日一日経つほど明るくなることを感じることができた.

“私も BYJ コーラスお陰に悟った点があります. 音楽は楽しむことで終わらないというんです. こちらたちを通じて ‘音楽による心理的上昇效果’を強く感じました. 私が伽揶割, 広げなければならない音楽の道を知らせてくれたと言いましょうか? これから私も BYJとともに進むつもりです!”

彼女が教えているチーム中, 一番力を注いでいることが BYJ コーラスだ. これから単独舞台だけではなく多くの演奏家たちやプロ歌手との協演を増やす計画だ. BYJという名前にふさわしくレッスン途中に自然にペ・ヨンジュンに対する話を交わすという彼女. もう ‘ヨングズンがゾック’に属してから以前だ.

“実際にペ・ヨンジュンさん見たことありますか? 実物がどうですか?
むしろインタビューをしている記者に問い返して目をきらめく彼女.

指導教師に引き続き公演を終えたコーラスメンバーたちに会った. 彼らはまだ舞台に上がった興奮で覚めることができなかった状態だった. “あまり震えた”と紅潮帯びた顔でぴょんぴょん走る姿に 40, 50代という年を実感することができない. 毎日繰り返される日常の中に住む家庭主婦. 暮しと子供達育てるのが全部である彼らがこんな気持ち良い緊張感を感じることができる機会は珍しい.


スターが好きなことにだけ止めないで自分の趣味で連結して潤沢な日常を作って行く中年の彼らが美しい.

“時間が多くても行く所がない吐き出そうぞ主婦たちです. 主人は屋外の仕事に忙しくて子供達は大きくなったんです. たかが町内隣りたちと似合うのがソーシャルライフです. この年に舞台に立ちこめなさいという考えは全然できなかったです.”
それとともに異口同声で叫ぶ. “すべてのものがペ・ヨンジュンさんおかげさま!”

彼らは 2株に一回ずつ韓人タウンである新大久保のスタジオに集まって歌演習をして来た. 2, 3時間かかって新幹線に乗って来る人々もいる.

“歌を大きく歌ってからはストレスがぱっと解けます. あれほど楽しくなって活力も生じます. もう家族たちもママが元気になったのが感じられると応援してくれ.”

歌だけではなく ‘ペ・ヨンジュン’という連結の輪は彼らをどんな団体より仲がいく結んでくれる. 他の邪教の集まりでは “またヨンサマの話か”とけんつくを受けたりするがここでは心を隠す必要がない. 何のものを言っても共感してくれて一緒に笑う.
“コーラスという空間に立ち入る瞬間私は主婦でもなくて誰かのお母さんでもないです. ただ一人の女性になります. 胸がどきどきしながら元気なホルモンが沸き立つ感じと言えよう? 気持ちは少女, しかし身はおばさん! ハハハ.”

その間忘れて暮した自分を取り戻した感じがする. ペ・ヨンジュンと言う(のは)存在が分からなかったら自分の生活はどうだったろうか? 多分他の部分にとらわれすぎたと言う.

“私たち同じ年齢の主婦たちを見ればお子さんたちに泥む人々が多いです. 大部分大学生になれば親から独立する準備を始めます. 心的でも表面積にママのいただく喪失感は大きいです. それでお子さんとトラブルを起こしたりします.”

ペ・ヨンジュンを楽しみなさい! 人生を楽しみなさい!
コーラスの主婦たちはそんな時期に自分ばかりの世界を尋ねたし沒頭する対象を捜したという話だ. もちろんお子さんも重要だ. ペ・ヨンジュンと言う(のは)存在はともすれば喪失感におぼれることができる時期にバランスをよく捕えて連れ行きながら乗り越えることができるようにしてくれた. 彼女たちにペ・ヨンジュンはスターその以上の存在だった. その中に特別な事情を持った主婦が言いやすくない個人事を聞かせた.

“私のご主人は旅客機操縦士だったです. われらはの間が本当に良かったんです. ところで急に癌で世を去ってしまいました. 頼るただ一人が消えたという考えに 3年の間失意に抜けた日々に続きました. 家の中にはいちめんご主人写真をかけておくんです. そうしたある日斉家 ‘冬のソナタ’を見るようになりました. 外出すればがらんとした家に帰りたくなかったが ‘冬のソナタ’を見る楽しみで早く家に入ったりしたんです.”

彼女は心を押さえ付けた夫に対する懐かしさを初めて消すことができた. そして元気な笑いを取り戻した. そして変わったことは家に飾っておいた夫の写真の中で半分位がペ・ヨンジュンの写真に変わったというのだ.

“健康を取り戻したという点で子供達もヨングズンシにありがたいそうだ. 彼ではなかったら私は鬱病にかかったかも知れないです. 好きな心も大きいがまず感謝する心がもっと大きいです.”

BYJ コーラスにはただ一つの目標と同時に夢がある. すぐペ・ヨンジュンに直接彼らの歌を聞かせるのだ.

“目の前に描かれる場面をそのまま言って見ましょうか? ヨングズンシのファン合コンが開かれました. 私たちが舞台で歌を歌えばその歌を BGM して彼がほほ笑みをしながら登場するんです. それが私たちの夢です.”

‘ペ・ヨンジュンを個人的に会いたい!’ 同じエゴイスチックなファン心(心)ではない. 彼が舞台に歩いて行く一歩一歩に心強いバックグラウンドになりたい.

“日本に ‘Itoユーカ里’という 1970年代アイドルスター歌手がいます. 今も旺盛に活動しています. その人は歌を歌う時ヨングズンシが目の前にあると想像しながら歌を歌うと言う. その気持ち, 私たちもあまりにも深み共感します.”

もちろん彼は誰でも易しくあえる人ではない. 普通旅行費の 2, 3倍経費をかかって撮影場を尋ねて彼がよく行くという場所をぶらついても彼を見ることは夢のまた夢. コーラスが彼に歌を歌ってくれるという想像はそれこそ ‘想像’で止むかも知れない.

“もちろん現実的に不可能な事と言うのは分かっています. ところが夢は大きく持ちますよ. いつか成り立つこともできるという希望を持っていると意欲も生じて倦まず弛まず歌を歌うことができませんか?”

夢がかなうその日まで彼らが呼ぶ ‘ヨングズンのためのセレナーデ’は日本空に果てしなく響くでしょう. BYJ コーラスは ‘スターにファンという存在と言う(のは)何か?`’に対して考えさせる. ‘キャアック~’ 大声を出しながら付きまとって自分を最大限アッピールすることも悪くない. しかしそれが好きだという表現の全部ではない. 彼らは一言で ‘生産的なファン’だ. 自分の生活中で彼を応援していっしょに自分啓発も延ばさない. ペ・ヨンジュンが願う理想的な ‘家族’のこのような姿ではないか?

2008年 1月号 ‘また火が付く寒流, 日本現地レポート ?’ではペ・ヨンジュンの特別なファンに会います. もちろん彼のファン一人, 一人が皆が特別な存在なのは言うナウィないです. しかしこれらは ‘多方面に’ もっと特別な人々です. 期待してください.

■文&写真 / 理由陣(寒流専門ライター・yeswawa@hotmail.com)
☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°

【翻訳文】韓国公式

海外サイト↓のPhoto,Vod,Flash,Gif検索は
CafeDaum byjfan 翻訳→自由掲示板(Freeboard)へ
CafeDaum byjgallery 翻訳→自由掲示板(Freeboard)へ

☆Quilt   ☆真愛勇俊   ☆www.hermesyongjun.com      
☆innolife.net       HOMEに戻る☆

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°
[ 2007/12/21 17:01 ] 韓国のニュースから(2007/12)   コメント(-)   Edit


















copyright © 2006 LOVE44 all rights reserved.

FC2Ad

    Benri-navi by myhurt  Template by FC2ブログのテンプレート工房

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。