LOVE44 【記事】“太社期はアジア狙いキラーコンテンツ”[太社期日本?]
            総合エンターテインメントショッピングモール



【TopPage】 ☆このブログに掲載している文章ならび画像・動画・記事等の全ての著作権は出処サイトに帰属します。

アーノルドバッシーニ
FaceShop


をポチッとしてね。管理人の励みになります(^^ゞ



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°

【翻訳文】韓国公式

海外サイト↓のPhoto,Vod,Flash,Gif検索は
CafeDaum byjfan 翻訳→自由掲示板(Freeboard)へ
CafeDaum byjgallery 翻訳→自由掲示板(Freeboard)へ

☆Quilt   ☆真愛勇俊   ☆www.hermesyongjun.com      
☆innolife.net       HOMEに戻る☆

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告   コメント(-)   Edit

【記事】“太社期はアジア狙いキラーコンテンツ”[太社期日本?] 

“太社期はアジア狙いキラーコンテンツ”[太社期日本?]
2007年 12月 27日 (木) 06:30 ニュースには


[ニュースには文ゾウンヤング記者/写真ユ・ヨンソク記者] 今月初終映された MBC ドラマ '太王四神記‘(以下太社期)は韓国ドラマ社に道しるべを立てた作品だ.

日本市場を動かす俳優ペ・ヨンジュン, 金鐘学監督-ソン・チナ作家コンビ, 日本音楽界の巨匠ヒサイシ組と超特急映画スタップたちが一緒に限り ‘太社期’は 430億ウォンと言う(のは)史上初めの製作コストと記録的な CG 分量を投入してドラマスタイルの革命を導いた.

また 3年余りの製作期間を経って 100% 辞書製作制を標榜したが 4回や放送を演技するなど紆余曲折も経験した. しかし 3ヶ月の放映期間の間 30%台を出入りする視聴率を倦まず弛まず維持してペンドムを形成したし終映以後韓国ドラマ産業に多様な可能性と宿題を残したりした. このドラマチックな旅程を導いて製作全般を統べた隠れた功臣である金鐘学プロダクションのバックチァングシック製作引っ越しを最近会ってインタビューした.


-中国東北公正に対立して民族自負心を鼓吹させて消える寒流の火種をいかすという二つの標点を同時に遂行するということは手強い事だ. 何より作品の規模や波及効果を思えば製作する立場(入場)でも心理的重圧感が大変だったろう.

▲実は個人的では作品を出すこと恐ろしい位臆病がちょっとたくさん出た. このドラマが滅びれば寒流も終りという話があまりにも多かったから. その負担をどうして言葉ですべて説明することができるか.

-企画が発展しながら作品の規模も大きくなって標点も少しずつ上向き調整された側面があるが一応アジア全体が楽しむことができるグローバルしたドラマを作るということが ‘太社期’の一次目標だったと考えられるが.

▲そうだ. ‘太社期’はアジアを目標で彼に当たるロードマップを持って出発したドラマだ. これからはアジア全体が見て楽しむことができるグローバルしたドラマたちが出てくれなければならない時点だ. もちろん作品内外的な面で惜しさもあるがビジュアル的な面ではハリウッドに合わせられたアジア圏視聴者たちの目の高さを満たしてくれることができるこんにちはクォリティーの映像物を作り出したと自負する. 映画劣らない視聴角笛魅力でドラマを見る新しい楽しさを創造し出したというのだ.

-ペ・ヨンジュンと広開土大王の結合がいくら魅力的な商品でシナジーを成すことができるかどうかがこの作品の成敗を牛耳ったと思う. したがって今の結果物が作られるまで製作陣や俳優の間企画や製作方向でどんな合意点と変化を経って来たのか知りたい.

▲製作陣とペ・ヨンジュンさん皆本当によく作って韓国ドラマ社に線を引くことができる作品をしなければならないという意向があった. そのようにお互いにディテールした絵を描く過程でずっとクリエィティブした考えたちが溢れ出た. 英雄と言う(のは)どんな人だろう? 広開土大王は王になるまでのどんな過程を経ったしどんな政治をしただろうか? 広闊な征服活動をするようになった理由は何だろう? 彼はどうして争うようになっただろうか? など広開土大王と言う(のは)人物を分析して答を尋ねる過程でお互い意見に差が生ずる時もあった. 中間に製作が遠のいた理由もそんな適正船を尋ねる討論が繰り返されたからだ. 特に 17部以前までは時間的な余裕があったから作品一つをおいて監督, 作家, 俳優はもちろん CG, 照明, 美術, 撮影, 扮装の方スタップたちまで一緒に日各自の考えを赤ちゃんして本当に多い意見交流を持った. 私がドラマ 4-50編をしながらこのようにスタップたちと俳優が一席に集まって作品に対して熾烈な悩みと意見交流を持ったことがなかった. あまりよくマンドルリョダボだから後で時間に追われて大変になった部分があったがこれから規模が大きい作品をまともに作ろうとすればこのような方向に行かなければならないじゃないがという考えをするようになった.

-‘太社期’は作品内外的な論難を去ってペ・ヨンジュン人物論に根拠して見れば完璧な商品だったと考えられる.

▲金鐘学監督やソン・チナ作家皆各自の視覚で作品に対する惜しいことはあるが広開土大王キャラクターを消化したベヨングズンシに対しては二人皆まったく同じく 100点満点を与えた. 現場でぶつかって作品を一緒に作った人々が認めたというのだ. 実際にベヨングズンシは柔らかいイメージの中に隠されたカリスマがすごい人だ. そんな魅力がこの作品を通じてよく描かれたようだ. また知られたように仕事では恐ろしい位に完壁注意に近い姿を見せてくれる. だから彼がプロした俳優と同時に事業家というのにトタを人は誰もいないだろう. 不思議なことは金鐘学監督とペ・ヨンジュンさん皆この作品をしながら大きい負傷を負ってあまりヒムドルオッウと言いながらもドラマが終わった今までも何かもっと爆発したいエネルギーが残って士気衝天していたよ. 本当にすごい人々だ.(笑い) -製作が引き延びになりながら放映日程が何回延期されたりしたし作品後半部には時間に追われて意図しただけの完成品で作ることができなくて惜しさも残した. 巷間にはシナリオ問題という話もあったが.

▲もちろんあまりよくマンドルリョダボだから熾烈な悩みを繰り返えすようになってお互い意見を交流する過程でシナリオが修正されるとか遅くなって製作日程がディレーになった時もあった. また数千カットの CGを使って見たら予想できない問題が発生したりしたしブロックバスタードラマであるだけに撮影に解くことがたくさん入って行くスペクタクルな場面たちが多くて時間がもうちょっと必要となった側面もある. このために叱咤もたくさん受けたが放送社との約束を破るようになったこと, 私たちがどんなにせっぱつまればそうだったか? この作品が国内外ドラマ市場に及ぶ波及効果を思えばどれ一つ手軽い歩みを選ぶことができなかった.

-放送時間引き延ばしなどと係わる部分は叱責位風聞も多かった.

▲秋夕連休くらいだったことで憶えるのに金鐘学監督が予期しない大きい事故で負傷にあいながら撮影日程に問題が起こって一週延ばすことも一つの方法だという話が行き交ったことだけなのに一歩遅れて無茶な方向に過ち脹らまされて話が回った. 生放送ニュース時間を延ばした時には本当に血が乾くかと思った. 寸時を争う状況だから江南からサイカまで同行して 5分で MBCで撮影テープを送った.

-率直にこの作品の規模や波及効果などを思えば作家に消された負担は想像以上だったようだ.

▲‘太社期’は原作や考証がほとんどない状態で作家の想像で多くの部分を満たさなければならなかったからシナリオ作業も時間がかかって作家自らも激甚な創作の苦痛に苦しんだはずだ. 自分のコードではなくファンおいて休んだりシナリオがうまく行かなくて急にニュージーランドに行ってしまったりした. 作家の苦痛がすべて分かることはできないが私たちの想像以上だったろう.

-映画が監督の芸術ならドラマは作家の芸術だ. しかし今のようにジャンルや素材が多変化されて産業的に規模も大型化される時点で作家一二人が全体ナレーティブを責任負うシステムはちょっと冒険になったりするようだ.

▲まだ韓国は作家が撮影直前まで一人で作業して越すドラマが多い. しかし私たちドラマは作家が大きいフレームを取ることはしても具体的な方向はもろともに議論する. これからは監督の権力, 作家の権力, 俳優の権力だけではだめだ. お互いに譲歩しながら一緒に和えるともっと良い結果を引っ張り出すことができる. ‘太社期’は運が良くもそんなスタップ陣と俳優たちに構成された.

-‘太社期’ 最終回やいくつかの場面たちは論難がちょっとあったが日本放送の前修正作業を経ることと言う(のは)話を聞いた.

▲最終回の場合あんまり時間に追われて見ると NG 場面もあったし CGも惜しい部分があった. CGを引き受けたモペックチォックでは自尊心がかかった問題と言いながらもう放送が終わった翌日からあまり休むこともできなくて修正作業に入って行った. NG 場面や編集部分も補完中にある.

-辞書製作で仕上げになったら出なかった論難たちなのに惜しさがある.

▲個人的でも辞書製作で仕上げだめなのがたくさん惜しい. 辞書製作はシナリオの 80%が書かれた状態でばかり可能だ. このドラマが辞書製作を標榜したが 3年余り間試行錯誤をたくさん経験した. これからは近道が分かる. おびただしい授業料をたくさん問った.(笑い) 実は 24部前作を辞書製作するということはとても手に負えない作業だ. 一応長期シリーズでメロードラマやホームドラマではないスペクタクルが前提されたブロックバスターだからもっとそうだ.

-今まで韓国ブロックバスタードラマは海外市場で見ればむしろレッドオーシャンに近かった.

▲収益が創出されることができる構造がまともに作られなくて問題になったことではあるが韓国ドラマも素材を多変化してグローバル市場で通じることができる果敢な試みとスケールが必要だというところには皆共感している.

-‘太社期’が消える寒流の外燃拡張と言う(のは)夢をつかむことができることで見るか? ▲結果は出て見ると分かるがまず日本の方で私たちの期待を上回る情報がずっと入って来てい出す期待している.

-もうポスト ‘太社期’に対する悩みと宿題が残された.

▲これからドラマは文化コンテンツを次世代成長動力にして政府次元で積極支援する先進国の例のように政策の一環で作られなければならないと思う. 放送社と外注製作社の分け前だけで縛りつけることは限界がある. 現在各地域や団体ごとに寒流窓口のない所がないがこれを一つに集約してより体系的でヒョウルゾックな支援が行われなければならない. 寒流と企業海外活動の連携方案に海外市場で企業のブランド価値向上のための間接広告規制緩和も必要だここに 1年に一つ二つずつキラーコンテンツを作って国家ブランド化することができるグローバルした商品がずっと出なければならない. .

もちろん文化事業に携わる人々も問題意識が必要だ. 素材開発はなおざりにして視聴率けんかに命をかけてみると作品が難解になるとか 1-2部を見ると答が分かるそらぞらしい作品が出ることができる. より上向き平準化されたドラマが出るように努力しなければならない. 何より重要なことは寒流で限らない韓中日ドラマの必要性だ. これからは韓.中.日 3ヶ国を一つの市場で設定してここに通じる産業的モデルとコンテンツを作り出さなければならない. これが今私たちの最大の宿題だ.

ゾウンヤング helloey@newsen.com/ユ・ヨンソク photo@newsen.com

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°

【翻訳文】韓国公式

海外サイト↓のPhoto,Vod,Flash,Gif検索は
CafeDaum byjfan 翻訳→自由掲示板(Freeboard)へ
CafeDaum byjgallery 翻訳→自由掲示板(Freeboard)へ

☆Quilt   ☆真愛勇俊   ☆www.hermesyongjun.com      
☆innolife.net       HOMEに戻る☆

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°
[ 2007/12/27 09:37 ] 韓国のニュースから(2007/12)   コメント(-)   Edit


















copyright © 2006 LOVE44 all rights reserved.

FC2Ad

    Benri-navi by myhurt  Template by FC2ブログのテンプレート工房

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。