LOVE44 【朝鮮日報】【イノライフ】ムン・ソリさん関連ニュース
            総合エンターテインメントショッピングモール



【TopPage】 ☆このブログに掲載している文章ならび画像・動画・記事等の全ての著作権は出処サイトに帰属します。

アーノルドバッシーニ
FaceShop


をポチッとしてね。管理人の励みになります(^^ゞ



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°

【翻訳文】韓国公式

海外サイト↓のPhoto,Vod,Flash,Gif検索は
CafeDaum byjfan 翻訳→自由掲示板(Freeboard)へ
CafeDaum byjgallery 翻訳→自由掲示板(Freeboard)へ

☆Quilt   ☆真愛勇俊   ☆www.hermesyongjun.com      
☆innolife.net       HOMEに戻る☆

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告   コメント(-)   Edit

【朝鮮日報】【イノライフ】ムン・ソリさん関連ニュース 

innolife.net>>>韓国ニュース>>>エンタメ>>>ムン・ソリ、「ベッドシーンの撮影は、極限の精神力が必要」

innolife.net>>>韓国ニュース>>>エンタメ>>>ムン・ソリ、「整形協賛してくれるオファーが殺到」

・‥…━━━☆
ムン・ソリ「最悪の書き込みは“ヨン様の叔母さん”」

http://www.chosunonline.com/article/20080110000048

 女優ムン・ソリは9日、MBC系の人気バラエティー番組『黄金漁場』の「ヒザ打ち道士」コーナーに出演、『太王四神記』ミスキャスト論争などについて率直な気持ちを語った。

 ムン・ソリがバラエティー番組に出演すること自体珍しく、しかもこれまで公の場で『太王四神記』ミスキャスト論争についてノーコメントを通してきただけに、今回の出演は放映前から注目を集めていた。

 こうした視聴者の期待を知ってか、司会のカン・ホドンは世間で取りざたされている『太王四神記』ミスキャスト論争について話を切り出した。

 「ネットの書き込みで、1番悪意があると思ったのは?」と質問されると、ムン・ソリは「“ムン・ソリ、ペ・ヨンジュンの叔母さん?”というものですね」と答えた。

 同ドラマ放送当時、一部のネットユーザーは「タムドク(ペ・ヨンジュン)とソギハ(ムン・ソリ)は恋人同士の役だが、ソギハ役のムン・ソリは老けて見えて(役に)合っていない」とネット上に書き込んでいた。

 ムン・ソリはこの「老けて見える」という書き込みを挙げたのだ。だが、ムン・ソリは「“お母さん”と書かれなかっただけありがたいです」と、前向きに(?)受け止めていた。

 この日、ムン・ソリは「ミスキャスト論争があり、悲恋のヒロイン・ソギハという役に完全にはなりきれませんでした。それに同じころ、映画『生涯最高の瞬間』の撮影も重なったので大変でした」と率直に語った。

チェ・セナ記者
チョソン・ドットコム/朝鮮日報JNS


【イノライフ】ムン・ソリ、『太王四神記』ミスキャスティング論難…「私も二つの問題があった」

http://contents.innolife.net/news/list.php?ac_id=4&ai_id=80267
2008/01/10(Thu) 08:46

ムン・ソリが、MBC『太王四神記』のミスキャスティング論難に対して、ついに語った。ムン・ソリは、9日放送されたMBC『黄金漁場』の『ヒザ打ち道士』コーナーに出演して「ミスキャスティング論難が流れた時、私もそれなりに二つの問題があった」と告白した。

ムン・ソリは「一番目は、私は常に悲恋のヒロインキャラクターに興味がなかったということだ。初め『太王四神記』のオファーを受けた時は、新しい試みだと思って出演を決心した。しかしキャラクターは、悲恋のヒロインと違いはなかった。後から変わるだろうと聞いていたが、変化はなかった」と語った。

引き続き彼女は「時間が経っても変わらなくて受け入れにくかったが、急に火天会のためどうすることもできない運命が演出されて、全く同じだという気がした。その瞬間から『太王四神記』のキハと私の心が合わさった」と伝えた。

付け加えてムン・ソリは、二番目の問題を告白した。ムン・ソリは「『太王四神記』の撮影が、映画『我ら生涯最高の瞬間』の撮影と重なった。二編を並行することが好きではないのに、仕方なくそのようになった」と明らかにした。ムン・ソリは「映画がハンドボールを素材にしているので、体力がある女性でなければならなかった。しかし『太王四神記』では、か細い神女だった。それで転換がうまくいかなかった。外形的にも映画撮影現場では太らなければならなく、ドラマでは急激に肉を落さなければならなかった」と苦労を語った。

ムン・ソリはまた『太王四神記』の最初の放映を控えた心も伝えた。彼女は「本当に死ぬようだった。そして映画撮影が終わって、『太王四神記』の初回放映が近付いた。この時が一番心が複雑だった。私がドラマ撮影をどのようにしたのかよく知っているるからだ」と当時を回想した。付け加えて「放送されること自体が、とても怖かった。記事や反応は気に止めなかったが、自分自身で考えても満足しなかった」と述べた。

ムン・ソリは「『太王四神記』で失ったものは、あまりない。元々持っていたものもあまりなかった。美しい女優でもない。得たものは、どんなドラマでもできるという自信感だ。初めは大変だったが、後半はドラマをしながら楽しい瞬間が多かった。若いファンもたくさんできた。市場に行っても、たくさんの人が気付いてくれる。それ位、身近な俳優になった」と語った。



ムン・ソリ「『太王四神記』の時、最高の中傷は“ペ・ヨンジュンの叔母”」(WoW!Korea)
☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°

【翻訳文】韓国公式

海外サイト↓のPhoto,Vod,Flash,Gif検索は
CafeDaum byjfan 翻訳→自由掲示板(Freeboard)へ
CafeDaum byjgallery 翻訳→自由掲示板(Freeboard)へ

☆Quilt   ☆真愛勇俊   ☆www.hermesyongjun.com      
☆innolife.net       HOMEに戻る☆

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°
[ 2008/01/10 23:39 ] 韓国のニュース(2008/1)   コメント(-)   Edit


















copyright © 2006 LOVE44 all rights reserved.

FC2Ad

    Benri-navi by myhurt  Template by FC2ブログのテンプレート工房

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。